369

地球さんより伝令です♪

神功皇后【その1】

今晩わ。

ずいぶん昔の話なのですが…

 f:id:haguregarasu369:20210925234306j:plain

地球さんのところに、

神功皇后が訪ねてきたこと

があります。


ずっと忘れてました。

数カ月前に突如思い出します。

忘れていたのには意味があり、

今に思い出したのにも意味がある。

その時が来たんだな・・・

 

野波神社に参拝してきました。

 

行くのは初めて神社です。

最近ネットでヒットする事が多いので、

気になっていました。

 

突然!?行かんば!と思い立ちます。

ナビで調べると片道1時間。

よし!即決したら速行です。

 

〇野波神社

f:id:haguregarasu369:20210923222415j:plain

 一の鳥居  社名がありません。

f:id:haguregarasu369:20210923225622j:plain

二の鳥居  野松神社とされます。

 

祭神は

仲哀天皇神功皇后・武内宿弥・淀姫様

 

西暦268年に創立

古い神社です。過去二度の移転を経て、現在の地に留まった様です。社伝によれと、神功皇后三韓征伐のため、肥前から筑紫を目指す折に、この地に寄られた。とあります。

 

ん?肥前から筑紫?

 

野波神社が建つ佐賀市三瀬村肥前です。

肥前は現在の長崎県佐賀県

 

神功皇后

この地より更に西からご出発なされ、

この地に立ち寄った事に成ります。

どこから来たのだろうか?

 

地図を眺めると恐らく川上峡だと思います。

川上峡は川上猛(カワカミタケル)と言う

当時の熊襲の長が治めていた地です。

 

佐賀市熊襲

川上猛とは日本武尊に討たれた熊襲猛(クマソタケル)です。

 

私は以前から肥前の国(長崎県佐賀県)は、

島根県の出雲と同じ臭いがする。

同じ地名や伝統が潜んでいることに気が付いていました。

 

佐賀は土蜘蛛が存在したと古事記や日本書記に残されてますが

熊襲の話は聞きません。

 

 

ぶっちゃけますが、、、

戦って負かした相手を蔑む文化は

日本人には無い。

 

理由は次元が高いからです。

武士道精神や真の大和魂です。

 

蔑むは異国人の文化


日本書記や古事記を手掛けた奴は外来種と感じます。

上手く歴史を誤魔化しても

次元のレベルは誤魔化せないwww.

 

日本武尊はヤマトの大英雄です。

が!蔑まれていませんか?

 

父の景行天皇に疎まれた挙げ句に命を落としたとか、、

 

夕食を食べに来ない、兄を呼びに行って殺したとか、、獣じゃん。

 

熊襲遠征も戦って倒したのでは無くて、

女装して、酒で酔わせて、騙し討ちした?

にも関わらず、相手から日本一の強者だと称えられ、

クマソタケルの称号を譲り受けた?!、、異常だろ!

 

日本人の感覚ではありません。

日本人の常識ではありません。

 

卑怯を十八番にするのは

古事記を記した異国の文化です。

 

日本武尊

古事記を編集した側からすると、疎ましい存在と言うことです。

 

日本武尊の功績は倭国統一です。

 

その功績が大き過ぎて、闇に葬ることが不可能と判断した。自分達の先祖が倭国を統一したとするために、熊襲猛を日本武尊として存在を残しながらも、尊敬されない様に蔑んだ!と自ら暴露していますね。

 

 

長崎県

(火の国→肥の国→肥前→長崎)


長崎にも

神功皇后伝説があまた存在します。

稲佐山、弁天白浜、出雲近隣公園、女神大橋、神ノ島、、

三韓遠征の際に立ち寄るとされてますが、、、

朝鮮半島に渡るのに

長崎を経由するは不自然です。

 

考えられるは

長崎市内付近から出発した。

②帰路で五島を経由した。

神功皇后伝説は別人である。


1人は、百済の姫様が長崎に上陸した伝説があるのです。その姫に付き添った一族の名が稲佐と言われたと伝わります。やがて長崎の地を離れたと伝わります。何処に行ったのかな?


もう1人は、男性です。この情報は地元民でも知らない情報です。太古の時代に熊野からある男性が上陸しています。熊野とは現在の和歌山県です。そしてその地には熊野神社があります。

それぞれの詳細は後に紹介します。

 

 

そして

長崎市内には、

鎮西大社諏訪神社

八剱神社

が存在します。

 

私は仕事で長崎県に行く機会が多いのですが、これも必然だと地球さんから聞いております。


長崎に行けば君が強くなる。そして役目がある。と伝えられています。


具体的なことは、何時もの如く聞きません。自分で気付くのみです!


すでに役目には気付いています。


成し遂げるのみです。

 

f:id:haguregarasu369:20210925101626j:plain

 

f:id:haguregarasu369:20210925121053j:plain

 

f:id:haguregarasu369:20210925121436j:plain

 

f:id:haguregarasu369:20210925121652j:plain

 

f:id:haguregarasu369:20210925121743j:plain


f:id:haguregarasu369:20211007151152j:plain


f:id:haguregarasu369:20211007151234j:plain


f:id:haguregarasu369:20211007151337j:plain

と…長崎の話はまだ早いですね。またの機会に。。

 

 


佐賀県

(火の国→肥の国→肥前→佐賀)

 

 

◯川上峡

f:id:haguregarasu369:20210925235110j:plain

熊の川温泉。龍王伝説。老舗の温泉旅館の龍頭園。龍頭園は◯に十字。島津家の家紋と同じ。

f:id:haguregarasu369:20210925235402j:plain



f:id:haguregarasu369:20210925235306j:plain


そして辺り一円には淀姫様を祭る神社が数多存在します。

当初は川上大明神が祀られていたようです。日本全国に点在する川上神社の主祭神です。

f:id:haguregarasu369:20210925235153j:plain 

淀姫様と言えば白いなまず神功皇后の妹であり、川上猛の妹君と伝わります。別の名を豊姫様、玉依姫様とも言われます。

 

ここで大きな疑問に気づきます。

 

神功皇后が川上峡の熊襲を討伐後に、朝鮮を目指したのか?しかも兄妹だぞ?

 

淀姫様には、もう1つ興味深い言い伝えが存在します。兄の川上猛がヤマトに対し反乱した責で故郷の脊振をすて

諏訪の地に向かったと、、、

 

熊襲の棟梁である川上猛の本拠地は現在の鹿児島県。熊襲と同族と言われる隼人の国です。


どうやら多くの部下は鹿児島の地に残して、その一部がこの地で暮らしていた様です。三河から離れ京都の伏見城に住んでいた徳川家康みたいな感じなのだろうか?

 

この川上峡の地は佐賀大和。ヤマト?脊振山脈一円を富士町。フジ?、、、

 

少し離れて吉野ヶ里公園がある吉野ヶ里町…徐福伝説が色濃く残ります。

 

吉野ヶ里は本当は吉野ではないのでしょうか?金立町、武雄市嬉野市鹿島市…女神が伝わる天山、あくまでも噂ですが御船山楽園と黒神山はスセリ姫様のお山と聞いたことがあります。スセリ姫様はスサノオ様の娘様です。西王母様との噂も…

 

また腰岳という諏訪と同じく黒曜石の産地も存在します。黒曜石と言えば建御中方(タケミナカタ)様です。

 

国譲りの話でタケミカズチ様との力比べで負けて、諏訪に逃げたとされる武神です。

 

アノ話は全くのデタラメです。

 

タケミカズチ様はタケミナカタ様の父親ですタケ=建=同族です。

 

建御中方様は、長脛彦様に同調して、火の国を率い倭大乱を起こしたのでは?長脛彦様は女性で瀬織津姫様とも言われます。

 

そして武力で敵わないヤマト王朝は、建ミナカタ様の説得を、建ミカヅチ様に依頼したが、国譲りの真相ではないでしょうか?

 

そして建御中方様の建

建=健=タケル=猛=倭タケル=熊襲タケル=川上タケル?関連性があるのかも?これも今後の調査対象とします。

 

脊振の山中に脊振ダムが存在します。

ダム底には吉野離宮が沈んでいる

と昔から囁かれてます。

 

ダム建設時に本当に沈めて良いのか?と県議会の議題に上がったとも噂が残ります。それが真実なら意図的に沈めた事になります。


野波の里も北山ダムに沈められます。

 

この脊振山脈一円には、

数多の女神伝説が残されます。

重要な秘密が潜んでいるようです


脊振山脈は

巨大な龍が背中を擦り付けて出来た山と太古よりの伝説を残します。

脊振とは脊負津・・・

瀬織津姫伝説も根強いのです。

 

神功皇后と淀姫様は姉妹。淀姫様の兄が川上猛なら…神功皇后とも兄妹になります。

 

神功皇后

熊襲討伐を果たしていますが、それは朝倉市を拠点とした羽白熊鷹です。

それに同調した土蜘蛛と蔑まれた山門(柳川市付近)の巫女である田油津姫様、夏羽様の兄妹です。川上猛は日本武尊に討たれ事に成ってます。

 f:id:haguregarasu369:20210925235847p:plain

田油津姫様


日本武尊神功皇后の祖父です。祖父が討った川上猛は淀姫様の兄。

淀姫様は神功皇后の妹。

何やらスッキしません?役職名で別人?

 

川上猛は、

羽白熊鷹様や田油津姫様に同調して乱を起こすも日本武尊に討たれたとも、

降参したともあります。何か変です。

日本武尊神功皇后の討伐が混同してます。

 

何やら歴史に大きな違和感を感じます。

 

それと、、、


土蜘蛛→土雲。土雲を蔑んだ呼び名が土蜘蛛なのでは?


出雲と土雲。土蜘蛛はスサノオ系統なのではないでしょうか?

 

f:id:haguregarasu369:20210921211557j:plain

 

どなたか不明です。

f:id:haguregarasu369:20210923225333j:plain 

f:id:haguregarasu369:20210923225527j:plain

 

f:id:haguregarasu369:20210921211723j:plain

北山ダムに沈む野波の里。

神功皇后が守土の大石に腰を下ろし「最も能き野奈美哉」と仰せられたので、野波の里と呼ばれます。

 

北山ダム

f:id:haguregarasu369:20210921211755j:plain

妻子とスワンボートに乗りました♪

 

大石は直径4mと記録が残ってます。なぜ?みすみす沈めたのだろうか?

ブルとかで引摺り動かす事も出来た筈です。

 

野波神社の境内には淡島明神・少名彦を祭った小社殿もあります。

なぜ淡路明神なのでしょうか?

f:id:haguregarasu369:20210923223416j:plain

少名彦様はヒルコ大神様です。

恵比寿様、事代主様であり、一寸法師のモデルと言われます。

 

神功皇后の弟に息長日子王様が存在します。

妹に虚空津比売姫様と豊姫様がおります。豊姫様は淀姫様です。

 

では?息長日子王と虚空津比売姫様とは何者でしょうか?

関連性はこれからも調査します。

そう言えば嬉野市から長崎県にまたがり虚空蔵山があります。

 

何方でしょうか?三韓征伐で神功皇后の守護なさったあの御二方でしょうか?

f:id:haguregarasu369:20210924134647j:plain

 

f:id:haguregarasu369:20210924140104j:plain

屋根部が崩壊してます。台風の被害でしょうか?老朽化が進んでいます。

室内に木葉と土砂と古びたペットボトルで埋もれ散乱してました。

勝手に触ると怒られるかな?

と思いながらも、見過ごすことが出来ずに、

素人ながら、屋根の応急処置と堆積物を撤去しました。

 

勝手に触れて申し訳御座いません。

 

壊れた屋根が落ちてご神体に被さってます。

御神体が直接雨に打たれますので・・・

 

どうしても赤印の箇所が塞げません。

無断で釘打ちするのも…いけない?と感じて思い留まっています。

取り急ぎご神体が雨でぬれない様に処置しました。

修繕を宜しく願います。

 

 

参拝した翌日に!

 

膨大な情報が雪崩れ混んできました

 

あまりの量で混乱しました。

何がなんやらです。整理しきりません💦

 

誰かが

何かを伝えているかの如くです。

 

旧暦8月15日。

中秋の名月の夜でした。

 

どれから手をつけるべきか?

 

この地を中心に広範囲に渡っています。

隣県の長崎、福岡から熊本、鹿児島、

遠くは和歌山の熊野、長野の諏訪まで広がる様です。

一人なので、、、

解読するのに時間を要しそうです💦

 

現役社会人なので時間も限られます。

でも!地道に解読していきます(笑)

 

 

 

次回、

女神転生【その2】

 

神功皇后

地球さんに語られた衝撃の事実とは?

 

つづく

 

雑談です♪

川上猛、熊襲猛、倭猛の猛と建御中方の建はタケル。梟師=タケル。フクロウの師と書いてタケルと呼びます。

f:id:haguregarasu369:20210925132205j:plain

はぐれ梟369\(__)